元素英雄 次新宇侠

元素英雄 次新宇侠

E·HERO 次新生人

エレメンタルヒーロー アナザー・ネオス

E・HERO アナザー・ネオス

Elemental HERO Neos Alius

69884162  7195


[怪兽|效果|二重] 战士/光
[★4] 1900/1300
①:这张卡只要在场上·墓地存在,当作通常怪兽使用。
②:可以把场上的当作通常怪兽使用的这张卡作为通常召唤作再1次召唤。那个场合这张卡变成当作效果怪兽使用并得到以下效果。
●这张卡只要在怪兽区域存在,卡名当作「元素英雄 新宇侠」使用。


OCG TAEV-JP018 (2007-05-12)
TCG TAEV-EN018 (2007-08-15)

カード名が「元素英雄 新宇侠」として扱われている「元素英雄 次新宇侠」が「千年眼纳祭神」のモンスター効果によって装備カードとなった場合、どのように効果が適用されますか?

相手のモンスターゾーンに『●このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「元素英雄 新宇侠」として扱う』モンスター効果を得ている「元素英雄 次新宇侠」が表側表示で存在しています。

この状況で、自分が「千年眼纳祭神」の『①』のモンスター効果によって、その「元素英雄 次新宇侠」を装備した場合、「千年眼纳祭神」の『③』の効果はどのように適用されますか?

質問の状況の場合、「千年眼纳祭神」に装備カード扱いとして装備されたのは「元素英雄 次新宇侠」となりますので、『③』の効果は、「元素英雄 次新宇侠」に適用される事になります。

その場合、相手のモンスターゾーンに表側表示で存在する通常モンスター扱いの「元素英雄 次新宇侠」は攻撃できず、『①』のモンスター効果が無効化され、効果モンスターとして扱われますが、墓地の「元素英雄 次新宇侠」の『①』のモンスター効果は無効化されず、通常モンスターとして扱われたままとなります。

点击翻译
无形噬体·虚饰」のペンデュラム効果が適用されている場合、「英雄假面」の効果が適用されている「无形噬体」と名のついたモンスターが破壊された場合、除外されますか?

自分のモンスターゾーンに「无形噬体·暴食」と「英雄假面」の効果によってカード名が「元素英雄 次新宇侠」として扱われている「无形噬体·色欲」が表側表示で存在しています。

无形噬体·虚饰」の『①:自分フィールドに「无形噬体」モンスターが存在する限り、「无形噬体」カード以外のお互いの墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される』ペンデュラム効果が適用されている状態で、カード名が「元素英雄 次新宇侠」として扱われている「无形噬体·色欲」が「雷破」の効果で破壊された場合、その「无形噬体·色欲」は除外されますか?

无形噬体·虚饰」のペンデュラム効果が適用されている場合、「无形噬体」と名のついたカード以外のカードが墓地へ送られる際には、墓地へは行かず除外される事になります。

質問の状況の場合、「无形噬体·色欲」のカード名は、フィールドでは「元素英雄 次新宇侠」として扱われていますが、破壊されエクストラデッキに表側表示で加わる際には、「无形噬体·色欲」として加わる事になりますので、「无形噬体·虚饰」のペンデュラム効果によって除外される事はありません。

点击翻译
特殊召喚された後、もう1度召喚されているデュアルモンスターが存在する場合、「魂之转身」を発動できますか?

死者苏生」の効果によって特殊召喚された「元素英雄 次新宇侠」をもう1度召喚し、効果モンスター扱いとした場合、自分は「魂之转身」を発動できますか?

質問の状況の場合、その「元素英雄 次新宇侠」は特殊召喚されたモンスターとしても扱われていますので、自分は「魂之转身」を発動する事ができません。

点击翻译
DNA移植手术」の効果によって、属性が変化しているモンスターを対象に「假面变化二型」を発動する場合、どの属性のモンスターを特殊召喚しますか?

光属性の「元素英雄 次新宇侠」が、「DNA移植手术」の効果によって、闇属性として扱われています。

その「元素英雄 次新宇侠」を対象として、「假面变化二型」を発動した場合、光属性の「假面英雄 光牙」と、闇属性の「假面英雄 暗爪」のどちらを特殊召喚できますか?

假面变化二型」の対象としたモンスターが、フィールドのて属性が変化しているモンスターだった場合、そのフィールドにて適用されている属性と同じ、「假面英雄」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事になります。
(その場合も、その対象モンスターのレベルよりも高い「假面英雄」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事になります。)

質問の状況の場合、「元素英雄 次新宇侠」は闇属性として扱われていますので、「假面变化二型」の効果によって、闇属性の「假面英雄 暗爪」を特殊召喚する事になります。

点击翻译
奇迹接触」でカード名が変化している「元素英雄 棱镜侠」等をデッキに戻す事はできますか?

自身の効果によって、カード名が「元素英雄 新宇侠」になっている「元素英雄 次新宇侠」や「元素英雄 棱镜侠」、「混沌幻影」を、「奇迹接触」の効果によって自分のデッキへ戻して融合モンスターを特殊召喚する事はできますか?
また、「新空间侠·黑暗豹」として扱われている「百眼龙」をエクストラデッキに戻し、融合モンスターを特殊召喚できますか?

奇迹接触」の効果によって、カード名が「元素英雄 新宇侠」として扱われている「元素英雄 次新宇侠」や「元素英雄 棱镜侠」等をデッキに戻し、融合モンスターを特殊召喚する事はできます。
また、「百眼龙」が、自身の効果によって「新空间侠·黑暗豹」として扱われている場合、「奇迹接触」の効果によって、エクストラデッキへ戻し、融合モンスターを特殊召喚する事もできます。

点击翻译
复制骑士」を「元素英雄 次新宇侠」が再度召喚した際に発動した場合、カード名はどのようになりますか?

フィールド上に表側表示で存在する「元素英雄 次新宇侠」が召喚をもう一度行い、カード名が「元素英雄 新宇侠」となっている時に「复制骑士」を発動した場合、フィールド上に特殊召喚した「复制骑士」のカード名はどちらになりますか?

元素英雄 次新宇侠」の召喚をもう一度行った際に発動した「复制骑士」がフィールド上へ特殊召喚した場合、その「复制骑士」は、カード名を「元素英雄 新宇侠」として扱います。

点击翻译
元素英雄 新宇骑士」の融合素材に「元素英雄 次新宇侠」を使用した場合、攻撃力はアップしますか?

元素英雄 新宇骑士」の融合素材として、カード名が「元素英雄 新宇侠」として扱われている「元素英雄 次新宇侠」を使用した場合、「元素英雄 新宇骑士」の攻撃力は、「元素英雄 新宇侠」以外のモンスターとして、「元素英雄 次新宇侠」の攻撃力の半分の数値分アップしますか?

カード名が「元素英雄 新宇侠」として扱われている「元素英雄 次新宇侠」を融合素材として使用した場合、「元素英雄 次新宇侠」ではなく、「元素英雄 新宇侠」を融合素材として使用した扱いになります。
よって、「元素英雄 次新宇侠」の攻撃力の半分の数値分、「元素英雄 新宇骑士」の攻撃力はアップしません。

点击翻译
反转世界」が、装備カードでアップしている攻撃力を入れ替えた場合、攻撃力はどのように変化しますか?

恶魔之斧」等の装備魔法カード等の効果によって、攻撃力が変化しているモンスターが、「反转世界」の効果を受ける場合、攻撃力と守備力の数値はどの様に変化しますか?
例)
恶魔之斧」を装備している「元素英雄 次新宇侠」(攻撃力2900・守備力1300)が、「反转世界」の効果を受ける場合、攻撃力・守備力はどの様に変化しますか?
また、「反转世界」の効果が適用された後に装備していた「恶魔之斧」が破壊された場合、攻撃力・守備力は変化しますか?

反转世界」を発動した場合、フィールド上で適用されている攻撃力・守備力の数値を入れ替えます。
例の場合、「元素英雄 次新宇侠」(攻撃力1900・守備力1300)が「恶魔之斧」(攻撃力1000アップ)を装備している時に、「反转世界」を発動した場合、攻撃力1300・守備力2900となります。
また、その後装備している「恶魔之斧」が破壊された場合でも、「元素英雄 次新宇侠」の攻撃力1300・守備力2900の数値は変化しません。
なお、さらに「黑项链」(攻撃力500アップ)を装備した場合、攻撃力の数値は1800になります。

点击翻译
デュアルモンスター1体のみが存在する時、そのモンスターをもう1度召喚する際に「方舟的选别」を発動できますか?

自分のモンスターゾーンに表側表示の「元素英雄 次新宇侠」1体のみが存在しています。
その通常モンスター扱いの「元素英雄 次新宇侠」を通常召喚としてもう1度召喚する際に、「方舟的选别」を発動し、その召喚を無効にする事はできますか?

質問の状況の場合、「方舟的选别」を発動する事はできません。
方舟的选别」はある種族のモンスターが存在する場合に、2体目以降となる同じ種族のモンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚される際に発動し、それを無効にして破壊する効果です。
したがって、自分のモンスターゾーンに通常モンスター扱いの「元素英雄 次新宇侠」のみが存在し、その「元素英雄 次新宇侠」をもう1度召喚して効果モンスター扱いとするような場合に、その「元素英雄 次新宇侠」の召喚を「方舟的选别」で無効にする事はできません。

点击翻译
もう1度召喚したデュアルモンスターが、「亚空间物质传送装置」の効果で除外され、フィールドに戻った場合、「盾牌猛击」を装備できますか?

英雄到来」の効果で特殊召喚された「元素英雄 次新宇侠」が、通常召喚としてもう1度召喚され、『●このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「元素英雄 新宇侠」として扱う』効果を得た効果モンスターとして扱われています。

その後、その「元素英雄 次新宇侠」が「亚空间物质传送装置」の『①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その自分の表側表示モンスターをエンドフェイズまで除外する』効果によって、除外され、自分のモンスターゾーンに戻りました。

その場合、その「元素英雄 次新宇侠」を対象に、「盾牌猛击」を発動する事はできますか?

質問の状況の場合、「亚空间物质传送装置」の効果によって除外され、モンスターゾーンに戻った「元素英雄 次新宇侠」は『●このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「元素英雄 新宇侠」として扱う』効果を得ていない通常モンスターとして扱われる状態に戻ります。

その場合でも、その「元素英雄 次新宇侠」は通常召喚されたモンスターとして扱われたままとなりますので、『通常召喚されたモンスターにのみ装備可能』な「盾牌猛击」を発動し、その「元素英雄 次新宇侠」に装備させる事はできます。

点击翻译
灵魂抽取」の適用中、墓地のデュアルモンスターは効果モンスターとして扱われますか?

灵魂抽取」の適用中、墓地に存在する「元素英雄 次新宇侠」等のデュアルモンスターは効果モンスターとして扱われますか?

デュアルモンスターの『①:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う』効果は、フィールドや墓地にて発動する効果ではありません。

したがって、「灵魂抽取」が適用されている場合でも、墓地に存在する「元素英雄 次新宇侠」等のデュアルモンスターは通常モンスターとして扱われます。

点击翻译
  • 『①:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う』モンスター効果は、起動効果・誘発効果・誘発即時効果・永続効果のいずれにも分類されない効果です。
  • 『②:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る』は、モンスターの効果の扱いではありません。
  • フィールドに表側守備表示で存在する通常モンスター扱いのデュアルモンスターをもう1度召喚する場合、表側守備表示のままで召喚を行う事になります。
  • 『●このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「元素英雄 新宇侠」として扱う』モンスター効果は永続効果です。

点击翻译