码语者

码语者

コード・トーカー

コード・トーカー

Code Talker

53413628  13460


[怪兽|效果|连接] 电子界/暗
[LINK-2] 1300/- [↑][↓]
效果怪兽2只
①:这张卡的攻击力上升这张卡所连接区的怪兽数量×500。
②:只要这张卡所连接区有怪兽存在,这张卡不会被战斗以及对方的效果破坏。

数据库 Q&A Wiki Yugipedia OurOcg 脚本 裁定 详情(14)


代理马」の『①』の効果と「微码编码员」の『①』の効果を同時に適用できますか?

代理马」の『①:自分フィールドのこのカードをサイバース族モンスターのリンク素材とする場合、手札のサイバース族モンスターも1体までリンク素材にできる』の効果と、「微码编码员」の『①:自分フィールドのサイバース族モンスターを「码语者」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる』効果を同時に適用できますか?

できます。

ただしそのリンク召喚は、「代理马」「微码编码员」の両方の条件を満たす必要があります。つまり、リンク素材にするフィールドの「代理马」はサイバース族モンスターである必要があり、リンク召喚するモンスターはサイバース族の「码语者」モンスターである必要があります。

点击翻译
I:P伪装舞会莱娜」のモンスター効果を発動し、手札の「微码编码员」をリンク素材として「解码语者」をリンク召喚できますか?

自分は「I:P伪装舞会莱娜」の『相手メインフェイズに発動できる。このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてリンク召喚する』モンスター効果を発動しました。

この効果によってリンク召喚を行う際に、手札の「微码编码员」の『①:自分フィールドのサイバース族モンスターを「码语者」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる』モンスター効果を適用してリンク素材とし、「解码语者」をリンク召喚する事はできますか?

質問の状況のように、発動した「I:P伪装舞会莱娜」のモンスター効果によってリンク召喚を行う際に、手札の「微码编码员」の『手札のこのカードもリンク素材にできる』モンスター効果を適用してリンク素材とし、「解码语者」をリンク召喚する事はできます。

点击翻译
自分がエクストラモンスターゾーンを1ヵ所使用している場合、「守护龙 阿迦佩因」のモンスター効果によって、もう1ヵ所のエクストラモンスターゾーンにモンスターを特殊召喚できますか?

右のエクストラモンスターゾーンに自分の「守护龙 阿迦佩因」が存在し、左のエクストラモンスターゾーンと同じ縦列となるメインモンスターゾーンに自分の「三发点射龙」と相手の「码语者」が存在しています。

この状況で、自分は「守护龙 阿迦佩因」の『②:自分メインフェイズに発動できる。2体以上のリンクモンスターのリンク先となる、EXモンスターゾーンまたは自分フィールドに、EXデッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできますか?


質問の状況の場合、相手の「码语者」と自分の「三发点射龙」のリンクマーカーが指し示すエクストラモンスターゾーンが、『2体以上のリンクモンスターのリンク先』となるゾーンとなっていますが、エクストラモンスターゾーンは基本的にそれぞれのプレイヤーが1ヵ所ずつ使用します。

自分が既にエクストラモンスターゾーンを使用している場合、もう1ヵ所のエクストラモンスターゾーンを使用できるのは、エクストラリンク状態になるように、エクストラデッキのリンクモンスターを特殊召喚する時のみとなります。

質問の状況の場合、エクストラリンク状態となるようにモンスターを特殊召喚できる状況ではありませんので、この場合、「守护龙 阿迦佩因」のモンスター効果を発動する事自体ができません。

点击翻译
リンク素材として墓地へ送られた際に発動した、「代码生成员」のモンスター効果にチェーンして、「大宇宙」が発動した場合、処理はどうなりますか?

自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「备份秘书」と「代码生成员」をリンク素材として「码语者」のリンク召喚に成功しました。

その際に発動した、「代码生成员」の『②:このカードが「码语者」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスター1体を墓地へ送る。フィールドのこのカードを素材とした場合には墓地へ送らず手札に加える事もできる』モンスター効果の発動にチェーンして、相手が「大宇宙」を発動した場合、処理はどうなりますか?

質問の状況の場合、相手の「大宇宙」の『②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される』効果が適用された状態で、「代码生成员」のモンスター効果の処理が行われる事になります。

『デッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスター1体を墓地へ送る』処理として行うのであれば、デッキから選んだサイバース族モンスターは墓地へは送られず除外される事になりますが、『フィールドのこのカードを素材とした場合には墓地へ送らず手札に加える事もできる』処理として行うのであれば、デッキから選んだサイバース族モンスターは手札に加わる事になります。

点击翻译
电脑网编解码」の効果処理時に、対象の「码语者」と名のついたモンスターに「DNA移植手术」の効果が適用されている場合、処理はどうなりますか?

电脑网编解码」の『①:「码语者」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。このターン、同じ属性のモンスターを自分の「电脑网编解码」の効果で手札に加える事はできない。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない』の効果を、「码语者」を対象として発動しました。

その効果の発動にチェーンして相手が風属性を宣言して発動した「DNA移植手术」の効果が適用された場合、効果処理はどうなりますか?

質問の状況の場合、「DNA移植手术」の『このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上の全ての表側表示モンスターは自分が宣言した属性になる』効果が適用される事によって、「电脑网编解码」の効果処理時に、対象の「码语者」の属性は風属性として扱われていますので、『そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える』処理によって、風属性のサイバース族モンスターを手札に加える事になります。

なお、既に自分がこのターンで「电脑网编解码」の効果で風属性のモンスターを手札に加えている場合には、『このターン、同じ属性のモンスターを自分の「电脑网编解码」の効果で手札に加える事はできない』処理が適用されていますので、手札に加える処理を適用する事はできません。

点击翻译
自分のサイバース族のリンクモンスターが攻撃対象に選択された時、「戒备转换鸟」のモンスター効果を発動できますか?

エクストラモンスターゾーンに自分の「码语者」が存在し、自分のメインモンスターゾーンに「戒备转换鸟」が表側表示で存在しています。

この状況で、「码语者」が攻撃対象に選択された時、自分は「戒备转换鸟」の『②:1ターンに1度、自分のサイバース族モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージステップ終了時まで元々の攻撃力の倍になる。そのモンスターが攻撃表示の場合、さらにその表示形式を守備表示にできる』モンスター効果を発動する事はできますか?

自分のサイバース族のリンクモンスターが攻撃対象に選択された時にも、「戒备转换鸟」のモンスター効果を発動する事ができます。

リンクモンスターは守備力を持ちませんので、攻撃力のみが元々の攻撃力の倍になります。

また、リンクモンスターには守備表示が存在しませんので、『そのモンスターが攻撃表示の場合、さらにその表示形式を守備表示にできる』処理を適用する事はできません。

点击翻译
手札の「微码编码员」をリンク素材としたリンク召喚が無効になった場合、そのターンにもう1枚の手札の「微码编码员」をリンク素材にできますか?

自分が手札の「微码编码员」の『①:自分フィールドのサイバース族モンスターを「码语者」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる』モンスター効果を適用し、自分のモンスターゾーンのサイバース族モンスターと合せて2体をリンク素材として、「码语者」をリンク召喚しようとした際に、相手が「神之通告」の『●自分または相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する』効果を発動し、そのリンク召喚を無効にしました。

このターン、自分は手札のもう1枚の「微码编码员」の『①:自分フィールドのサイバース族モンスターを「码语者」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる』モンスター効果を適用し、リンク召喚を行う事はできますか?

質問の状況のように、手札の「微码编码员」をリンク素材としたリンク召喚が「神之通告」の効果によって無効になった場合でも、自分はそのターンに他の「微码编码员」を手札からリンク素材とする事はできません。

点击翻译
自分のサイバース族リンクモンスターと、相手のモンスタートークンが戦闘を行う場合、手札の「禁止档案蛇」のモンスター効果を発動できますか?

光子圣域」の『①:自分フィールドに「光子衍生物」(雷族・光・星4・攻2000/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。このトークンは攻撃できず、S素材にもできない』効果によって特殊召喚された相手の「光子衍生物」を自分の「码语者」で攻撃しました。

この時、自分は手札の「禁止档案蛇」の『①:自分のサイバース族リンクモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。その相手モンスターを持ち主の手札に戻す』モンスター効果を発動する事はできますか?

質問の状況のように、自分のサイバース族リンクモンスターと、相手のモンスタートークンが戦闘を行う場合でも、手札の「禁止档案蛇」のモンスター効果を発動する事はできます。

モンスタートークンはフィールドを離れる際に消滅しますので、手札に加わる事はありません。

点击翻译
电脑网编解码」の効果処理時に、対象の「码语者」と名のついたモンスターがモンスターゾーンに存在しなくなっている場合、処理はどうなりますか?

电脑网编解码」の『①:「码语者」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。このターン、同じ属性のモンスターを自分の「电脑网编解码」の効果で手札に加える事はできない。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない』の効果を、「码语者」を対象として発動しました。

その効果の発動にチェーンして相手が発動した「雷破」の効果によって、その効果によって「码语者」が破壊され墓地へ送られた場合、効果処理はどうなりますか?

电脑网编解码」の効果処理時に、対象の「码语者」と名のついたモンスターがモンスターゾーンに存在しなくなっている場合には、『そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える』処理は適用されません。
(手札に加える処理が行われていませんので、『このターン、同じ属性のモンスターを自分の「电脑网编解码」の効果で手札に加える事はできない』処理も適用されません。)

なお、その場合でも、『この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない』は適用されます。

点击翻译
限制代码」の発動にチェーンして「D.D.乌鸦」のモンスター効果が発動した事によって、自分の墓地にサイバース族のリンクモンスターが存在しなくなる場合、処理はどうなりますか?

自分の墓地に「码语者」1体のみが存在する状況で、自分は「限制代码」の『①:自分の墓地にサイバース族リンクモンスターが存在する場合にこのカードを発動できる。そのモンスターの数だけこのカードにカウンターを置き、EXデッキから「码语者」モンスター1体を特殊召喚し、このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される』効果を発動しました。

その発動にチェーンして、相手が「D.D.乌鸦」のモンスター効果を発動し、自分の墓地の「码语者」を除外した場合、処理はどうなりますか?

質問の状況のように、「限制代码」のカードの発動にチェーンした「D.D.乌鸦」の効果によって、墓地のサイバース族のリンクモンスターが除外され、自分の墓地にサイバース族のリンクモンスターが1体も存在しなくなる場合には、『そのモンスターの数だけこのカードにカウンターを置き』の処理を適用する事ができませんので、『EXデッキから「码语者」モンスター1体を特殊召喚し』以降の効果を適用する事もできません。
(一連のチェーン処理終了後に、発動した「限制代码」は墓地へ送られる事になります。)

点击翻译
格式弹涂鱼」のモンスター効果によって見せたエクストラデッキのモンスターが、その後にエクストラデッキに存在しなくなった場合、適用されている効果はどうなりますか?

自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「格式弹涂鱼」の『①:自分メインフェイズに発動できる。EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える』モンスター効果を発動し、その効果処理によって、エクストラデッキの「编码语者」を相手に見せているターンです。

そのターンにその「编码语者」が、「重编码存活」の『①:自分のフィールド・墓地のリンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、EXデッキから「码语者」モンスター1体を特殊召喚する』効果によって特殊召喚されエクストラデッキに存在しなくなった場合、適用されている「格式弹涂鱼」のモンスター効果はどうなりますか?

質問の状況のように、「格式弹涂鱼」の『このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える』モンスター効果の処理によって見せたエクストラデッキのモンスターが、その後にエクストラデッキに存在しなくなった場合でも、「格式弹涂鱼」のモンスター効果は適用されたままとなります。

点击翻译
重编码存活」の効果によってエクストラデッキから特殊召喚された「解码语者」が破壊され墓地へ送られた場合、「恢复巫师」のモンスター効果を発動できますか?

自分が発動した「重编码存活」の『①:自分のフィールド・墓地のリンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、EXデッキから「码语者」モンスター1体を特殊召喚する』効果によって、エクストラデッキから「解码语者」を特殊召喚しているターンです。

このターンに、その「解码语者」が破壊され、墓地へ送られている場合、「恢复巫师」の『①:このターンに破壊された自分の墓地のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果によって、その「解码语者」を特殊召喚する事はできますか?

重编码存活」の効果によってエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターは、正規の手順によって特殊召喚されていませんので、そのターンに破壊され墓地へ送られている場合でも、「恢复巫师」のモンスター効果によってそのモンスターを特殊召喚する事はできません。
(質問の状況の場合、「解码语者」を対象とする事はできません。)

点击翻译
码语者」が、リンク先に存在する同じ攻撃力の相手モンスターと戦闘を行う場合、戦闘で破壊されますか?

エクストラモンスターゾーンに自分の「码语者」が存在し、そのリンク先となる相手のメインモンスターゾーンに「马格努姆弹丸龙」が表側攻撃表示で存在しています。

この状況で、自分の「码语者」と相手の「马格努姆弹丸龙」が戦闘を行う場合、どうなりますか?

質問の状況の場合、相手の「马格努姆弹丸龙」の攻撃力は1800、自分の「码语者」は自身の『①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする』モンスター効果によって攻撃力がアップし、攻撃力が1800の状態になっています。

この場合、相手の「马格努姆弹丸龙」は通常通り戦闘によって破壊されますが、自分の「码语者」は『②:このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、このカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない』モンスター効果が適用されていますので、その戦闘では破壊されません。

点击翻译
重编码存活」の効果によって、「码语者」を特殊召喚できますか?

重编码存活」の『①:自分のフィールド・墓地のリンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、EXデッキから「码语者」モンスター1体を特殊召喚する』効果によって、エクストラデッキから「码语者」を特殊召喚する事はできますか?

また、「重编码存活」の『②:EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「码语者」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』効果によって、除外されている「码语者」を特殊召喚する事はできますか?

码语者」も、「码语者」と名のついたモンスターですので、「重编码存活」の効果によって特殊召喚する事はできます。

ただし、正規の手順となるリンク召喚によって特殊召喚されずに除外されている「码语者」を、墓地にて発動する「重编码存活」の効果によって特殊召喚する事はできません。

点击翻译
  • 『①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする』モンスター効果は永続効果です。(このカードのリンク先に存在するモンスターの数が変化した場合、アップしている攻撃の数値もただちに変化します。)
  • 码语者」自身がエクストラモンスターゾーンに存在し、そのリンクマーカーが指し示す相手のメインモンスターゾーンにモンスターが存在する場合も、このカードの攻撃力はアップします。
  • 『②:このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、このカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない』モンスター効果は永続効果です。
  • 『このカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない』モンスター効果が適用されている場合、「码语者」自身が相手モンスターを攻撃した場合、相手モンスターに「码语者」自身が攻撃された場合、どちらの戦闘でも破壊されません。
  • 『このカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない』モンスター効果が適用されている場合、相手のカードの効果によって「码语者」自身が破壊される事はありませんが、自分のカードの効果によっては「码语者」自身は通常通り破壊される事になります。

点击翻译