假面变化

假面变化

假面变换

マスク・チェンジ

マスク・チェンジ

Mask Change

21143940  9066


[魔法|速攻]
①:以自己场上1只「英雄」怪兽为对象才能发动。那只怪兽送去墓地,和那只怪兽相同属性的1只「假面英雄」怪兽从额外卡组特殊召唤。


OCG PP13-JP009 (2010-12-18)
TCG GENF-EN097 (2011-08-16)

梦幻崩界 伊娃力丝」を対象に「假面变化二型」を発動できますか?

自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「梦幻崩界 伊娃力丝」を対象として、「假面变化二型」の『①:手札を1枚捨て、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地へ送り、そのモンスターよりレベルが高く同じ属性の「假面英雄」モンスター1体を、「假面变化」による特殊召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する』効果を発動する事はできますか?

質問の状況の場合、「梦幻崩界 伊娃力丝」の『②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのコントローラーはリンクモンスターしか特殊召喚できない』モンスター効果が適用されています。

假面变化二型」はリンクモンスターを特殊召喚する効果ではありませんので、自分は「假面变化二型」を発動する事自体ができません。

点击翻译
千查万别」の効果が適用されている場合、「假面变化」を発動できますか?

相手の魔法&罠ゾーンに「千查万别」が表側表示で存在し、『①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1体しか同じ種族のモンスターは表側表示で存在できない』効果が適用されています。

元素英雄 影雾女郎」1体のみが自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する場合、自分は「假面变化」を発動する事はできますか?

質問の状況の場合、自分のモンスターゾーンには戦士族のモンスターである「元素英雄 影雾女郎」が表側表示で存在していますので、戦士族の「假面英雄」と名のついたモンスターを特殊召喚する「假面变化」を発動する事自体ができません。

点击翻译
假面变化」の発動にチェーンして、「千查万别」が発動した場合、処理はどうなりますか?

元素英雄 影雾女郎」1体のみが自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する状況で、自分が「假面变化」を発動しました。

この時、相手がその発動にチェーンして、「千查万别」を発動し、『①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1体しか同じ種族のモンスターは表側表示で存在できない』効果が適用された場合、効果処理はどうなりますか?

質問の状況の場合、発動した「假面变化」の『そのモンスターを墓地へ送り』の処理は通常通り適用されます。

それによって、自分のモンスターゾーンに戦士族のモンスターが1体も存在しない状態となりますので、結果的に『そのモンスターと同じ属性の「假面英雄」モンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する』処理も通常通り適用され、闇属性の「假面英雄」と名のついたモンスター1体がエクストラデッキから特殊召喚される事になります。

点击翻译
融合禁止地区」の適用中に、「假面变化」や「假面变化二型」を発動できますか?

融合禁止地区」の『お互いのプレイヤーは融合召喚をする事ができない』効果が適用されている場合、「假面变化」や「假面变化二型」を発動する事はできますか?

融合禁止地区」の効果が適用されている場合でも、「假面变化」や「假面变化二型」を発動する事はできます。

假面变化」や「假面变化二型」は「假面英雄」と名のついた融合モンスターを特殊召喚する効果ですが、融合召喚を行う効果ではありません。

点击翻译
假面英雄 光牙」等を対象として「融合解除」を発動できますか?

假面变化」の効果によって特殊召喚されている「假面英雄 光牙」等を対象として「融合解除」を発動する事はできますか?

假面英雄 光牙」等を対象として「融合解除」を発動する事はできます。

その場合、「假面英雄 光牙」等をエクストラデッキへ戻す処理は行いますが、『さらに、エクストラデッキに戻したそのモンスターの融合召喚に使用した融合素材モンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、その一組を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる』処理を適用する事はできません。

(「假面变化」を発動する際に対象に選択したモンスターは融合素材モンスターではありません。)

点击翻译
形态变化」の効果処理時に、対象に選択したモンスターに「禁忌的圣枪」が適用されている場合、処理はどうなりますか?

形态变化」の発動にチェーンして「禁忌的圣枪」が発動し、「形态变化」の対象となっている「英雄」と名のついた融合モンスターが、魔法カードの効果を受けない状態になった場合、「形态变化」の効果処理はどうなりますか?

形态变化」の対象として選択した「英雄」と名のついた融合モンスターが、「禁忌的圣枪」の効果によって、魔法カードの効果を受けない状態になった場合には、そのモンスターをエクストラデッキに戻す処理を行う事ができません。

その場合、『そのモンスターの元々のレベルと同じレベルでカード名が異なる「假面英雄」モンスター1体を、「假面变化」による特殊召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する』処理も適用されません。

点击翻译
形态变化」の効果処理時に、対象に選択したモンスターに「雷破」によって破壊されている場合、処理はどうなりますか?

形态变化」の発動にチェーンして「雷破」が発動し、「形态变化」の対象となっている「英雄」と名のついた融合モンスターが破壊され、墓地へ送られている場合、「形态变化」の効果処理はどうなりますか?

形态变化」の対象として選択した「英雄」と名のついた融合モンスターが、「雷破」の効果によって破壊され墓地へ送られた場合には、そのモンスターをエクストラデッキに戻す処理を行う事ができません。

その場合、『そのモンスターの元々のレベルと同じレベルでカード名が異なる「假面英雄」モンスター1体を、「假面变化」による特殊召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する』処理も適用されません。

点击翻译
英雄假面」の効果で「元素英雄」と名のついたモンスターとして扱われているモンスターを対象として、「假面变化」を発動できますか?

元々のカード名が「英雄」と名のついたモンスターではないモンスターが、「英雄假面」の効果によって、「元素英雄」と名のついたモンスターとして扱われています。

その場合、そのモンスターを対象として「假面变化」を発動する事はできますか?

元々のカード名が「英雄」と名のついたモンスターでない場合でも、そのモンスターが「英雄假面」の効果によって、「元素英雄」と名のついたモンスターとして扱われているのであれば、そのモンスターを対象として「假面变化」を発動する事ができます。

点击翻译
假面变化」の効果で、「大宇宙」等の適用中に「假面英雄」を特殊召喚する事はできますか?

大宇宙」等の適用されている時に、「假面变化」の効果で「假面英雄」を特殊召喚する事はできますか?

大宇宙」等の効果によってモンスターが除外されるような場合でも、選択したモンスターと同じ属性の「假面英雄」と名のついたモンスターを特殊召喚する事ができます。

点击翻译
假面变化」にチェーンして、対象のモンスターが裏側表示になった場合、効果処理はどうなりますか?

假面变化」の発動にチェーンして、選択したモンスターが裏側表示になった場合、墓地へ送る処理や特殊召喚する処理は行えますか?

假面变化」の効果処理時に、選択していたモンスターが裏側表示になっている場合でも、そのモンスターを墓地へ送り、エクストラデッキから「假面英雄」と名のつくモンスターの特殊召喚を行います。
この場合、元々の属性と同じ属性の「假面英雄」を特殊召喚します。

点击翻译
假面变化」の対象に「元素英雄 永生侠」を指定した場合、どの属性の「假面英雄」を特殊召喚できますか?

假面变化」の効果の対象として、複数の属性を持つ「元素英雄 永生侠」を指定した場合、どの属性の「假面英雄」を特殊召喚できますか?

元素英雄 永生侠」のように、フィールド上にて適用されている属性が複数ある場合には、その内の1つの属性を持つ「假面英雄」と名のついたモンスターを特殊召喚する事ができます。

点击翻译
假面变化」にチェーンして、対象のモンスターがフィールド上から離れている場合、効果処理はどうなりますか?

假面变化」の効果処理時に、対象としていたモンスターがフィールド上から離れている場合、特殊召喚する処理は行えますか?

假面变化」の効果処理時に、対象としていたモンスターを墓地へ送る事ができない為、エクストラデッキから「假面英雄」と名のつくモンスターを特殊召喚する事はできません。

点击翻译
假面变化」や「假面变化二型」の発動にチェーンして「虚无空间」が発動した場合、処理はどうなりますか?

假面变化」や「假面变化二型」の発動にチェーンして、「虚无空间」が発動された場合、処理はどうなりますか?

質問の状況の場合、「虚无空间」の効果が適用され、モンスターを特殊召喚する事はできませんので、エクストラデッキから「假面英雄」と名のついたモンスターを特殊召喚する事はできません。

その場合でも、「假面变化」や「假面变化二型」の対象として選択したモンスターを墓地へ送る処理は行います。

点击翻译
ペンデュラムモンスターを対象に「假面变化二型」を発動できますか?

假面变化二型」を発動する際に、対象モンスターとしてペンデュラムモンスターを選択する事はできますか?

假面变化二型」を発動する際に、対象のモンスターとしてペンデュラムモンスターを選択する事はできます。

この場合、ペンデュラムモンスターは墓地へ送られずエクストラデッキに表側で置かれますが、『そのモンスターよりレベルが高く同じ属性の「假面英雄」モンスター1体を、「假面变化」による特殊召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する』処理は通常通り適用されます。

点击翻译
假面变化」の効果処理時に、対象のモンスターのコントロールが相手に移っている場合、処理はどうなりますか?

假面变化」の発動にチェーンして相手が「敌人操纵器」を発動し、「假面变化」の効果処理時に対象のモンスターコントロールが相手に移っている場合、処理はどうなりますか?

質問の状況の場合でも、『そのモンスターを墓地へ送り、そのモンスターと同じ属性の「假面英雄」モンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する』処理は通常通り適用されます。

点击翻译
  • 自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「英雄」と名のついたモンスター1体を対象に取る効果です。
  • 假面变化」をダメージステップにて発動する事はできません。
  • 『そのモンスターを墓地へ送り』の処理と、『そのモンスターと同じ属性の「假面英雄」モンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する』処理は同時に行われる扱いではありません。
  • 対応する『そのモンスターと同じ属性の「假面英雄」モンスター1体』が自分のエクストラデッキに存在しないモンスターを対象として、「假面变化」を発動する事はできません。
  • 假面变化」の効果による特殊召喚は、融合召喚としては扱われません。

点击翻译